MENU

売れ筋のアイピル

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

病院で1万円以上するアイピルが

通販なら1錠810円で購入できる

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

出産を望んでいないのに妊娠してしまい、緊急避妊する必要がある方は、アイピルを使うことで望まない妊娠を防ぐことができるため、多くの方が利用している医薬品として知られています。

 

日本では、緊急避妊が必要な際に産婦人科や婦人科を受診して処方してもらうことが出来ます。

 

一般的な薬のようにドラッグストアなどでは販売されていないため、一刻も早く服用したい時などには、医療機関が休診日の時には困ることになります。

 

そのため、通販でアイピルを購入する方が増加傾向にあります。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

メリットとしては、医療機関を受診しなくてもアイピルを入手することが出来るため、年末年始などの大型連休にも緊急避妊することができることや、時間が無くて医療機関を受診できないときなどにも適しています。

 

アイピルは国内通販ではなく、海外からの個人輸入が一般的です。

 

主にアジア圏からの発送となりますが、価格設定は大幅に業者によって異なりますので、良心的な価格の業者を選ぶのがポイントです。

 

まず、アイピルが必要になった時にはいくつかの通販サイトを比較して、価格やシステムなどを比べてみるのがポイントです。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

例えば送料は1個から無料なのかどうかや、プライバシーを守る配慮がされているかどうか、価格が一番安いのはどこか、複数購入で割引がきくのか、リピーター割引や会員セールなどの有無など総合的に考えて、費用対効果に優れたショップで買うのがお勧めです。

 

価格だけが安くでも送料が高かったり、まとめ買いしても割引にならないサイトもありますので、総合的に判断してショップを選ぶのが重要です。

 

これらの点についてコストパフォーマンスに優れたショップは口コミも良いものが多く、比較サイトなどでも高く評価されています。

 

海外通販のユーザーは安く安全に買うことを目的としていますので、口コミ評価を参考にすると、安全にコストパフォーマンスに優れた商品を購入することが出来ます。

 

 

>>アイピルの通販はこちら<<

アイピルを通販購入して即日発送

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

アイピルは日本の薬局などで市販されてなく、簡単に手に入れることができません。産婦人科へ行き処方してもらうしか手に入りません。また保険適用外なので、金額も1万円~となり高額です。

 

しかし、通販であればアイピルを購入することができます。通販だと心配と思われるかもしれませんが、販売されているアイピルは日本の産婦人科で処方される薬と同じ薬です。要は日本の法律が問題で簡単に手に入らない状況になっているんです。しかも保険適用外にして法外な金額を請求してきますし。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

アイピルを通販購入するメリットのまとめ
アイピルの値段が格段に安い

病院だと保険適用外な上に診察代+病院の大きな利益が上乗せされたアイピルの値段により1万円以上が当たり前となっています。通販なら810円ち格安の値段ででアイピルが買えてしまいます。

 

時間の節約

市販で買えないため、病院へ行くと何時間も待たされる事になります。また、土日や営業時間外になると診察すら受ける事ができなく困ってしまいます。通販なら24時間365日注文が出来て即日で発送してくれます。
※支払いはクレジットカードがオススメです。銀行振り込みは時間差が出来てしまいます。

 

必要な量を注文できる

病院で処方してもらう場合、必要最低限の量しか処方してもらうことが出来ず、毎回診察を受けて高額な値段を支払うしかありませんが、通販ならまとめて好きなだけ購入できる上に、まとめて購入すると値段もさらに安く購入できるので断然お得になり、お守り分として持っておく事もできます。

 

プライバシーが守れる

通販なので誰にも会う事もなく、発送時の梱包にも中身がわからないようにして発送してくれます。また自宅に届けたくない場合は郵便局などで止めておく事もできる為、プライバシーを守る事も可能です。

 

このように通販でアイピルを購入する上でメリットが多くありますが、あえてデメリットを言うとすれば、詐欺サイトに騙されないか?という点だけですが、その点も安心してください。

 

以下に紹介してあるアイピルの通販サイトは私が毎回お世話になっている通販サイトになります。色々な通販サイトを試してきましたが一番安く、丁寧な会社でしたので紹介しておきます。

 

 

>>アイピルの通販はこちら<<

アイピルは薬局などで市販されているか?売ってない理由と海外との販売の違い

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

アイピルは薬局で市販されていません。ホルモン剤と聞くと近所の薬局などで市販されていて手軽に購入できると考える人も多いと思いますが、日本では効果や副作用の問題から、市販されることはなく、婦人科で処方してもらうしか購入する方法はありません。

 

また避妊という目的のために保険も適用外となり、診察代や処方箋代と合わせて、全て自己負担です。また自由診療なので病院側が自由に料金設定することができるため、価格相場にもばらつきがあります。

 

ただしアイピルを飲もうと考える人には安いところを探して受診するという時間がないという方がほとんどです。

 

時間が経てば経つほど、効果は下がりますし、必ず診察を受けなければならないため、病院に行くための時間も割く必要があります。

 

その為、何かあったときのためにと常備しておきたい方には、個人輸入によって入手する方法もあるので、必要な方は海外から購入してみるのもよいでしょう。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

ではなぜ海外からだと購入できるのでしょうか。例をあげるとニューヨークでは17歳以下の妊娠者が年間7000人を超えており、そのうち90%が予定外の妊娠なのです。

 

そのため今や15歳以上であれば薬局で気軽に購入できるのです。また悲しいことですが犯罪に巻き込まれてというケースも日本より多くあります。

 

そのためお守り代わりとして常備している人が多くいるのも現状です。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

日本ではアイピルの購入が認められたのは2011年、今現在、購入はできるもののまだ医師の処方が必須です。しかし何かあった時、病院が休みだったら次の営業日まで待つ必要があるのです。

 

アイピルは早く飲めば飲むほど効果が発揮できる為、時間が経過すればするほど妊娠の可能性が高くなります。

 

もちろん副作用などもありますので出来れば飲むことがない、というのが理想ですが、予期していなかったということがありますので、心配な方はご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

>>アイピルを即日発送<<

アイピルの知識をつけましょうアイピルで得られる効果は?

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

アイピルで得られる効果ですが、ある種のお守り的なメリットが感じられます。

 

特に普段から役立つ家電や日用品のような便利さはありません。

 

しかし、万が一の出来事が起きた時、手元にあると、望まぬ妊娠を避けられますので、普段から落ち着いてライフスタイルを営めます。

 

望まぬ妊娠をいつでも自分の判断で避けられる安堵感が得られますので、まだ経済的な不安定な時期の授かり婚をスルーでき、計画的な人生が送れます。

 

またアイピル以外にも効果的な避妊対策は多々あります。

 

コンドームを男性が毎回きちんと装着すれば、ほぼ確実に避妊が成功します。

 

ただ、コンドームの避妊率の高さはあくまでそれが正しい使われていた場合の数字です。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

運悪く粗悪なコンドームを利用してしまった時、セックスの衝撃でコンドームが破損してしまった時、男性が焦ってペニスにコンドームを甘く装着してしまった時などは、避妊率がガタ落ちします。

 

コンドームは万能ではありません。またセックスをした後で、精液が膣内に侵入してしまった事が発覚するパターンも多いです。そんな時、手元にアイピルがあれば、事後的に避妊対策が進められます。

 

普段からピルケースに忍ばせておけば、万が一コンドームでの避妊に失敗した場合も、後からリスクを回避する事ができますので、婦人科に慌てて出かける必要もありませんし、望まない授かり婚に至り、両親に叱られる事も避けられます。

 

また男性の中には、コンドームの装着をとても嫌がる人々もいます。

 

彼氏が毎回コンドームを付けくれず、安全日以外にセックスする時に強い不安感を抱える、そんな女性陣にもアイピルの効果は役立ちます。

 

膣内射精を避けてもらい、毎回体外に精液を出してもらえば、避妊は一応成功します。

 

ただ、それでも男性が生のペニスを挿入している時点で、カウパーに含まれる微妙の精液が膣口に入っているため、安全日以外にセックスをすれば、妊娠のリスクは出てきます。

 

よってそういった男性とお付き合いしている女性にとって、アイピルは素敵なお守りとして重宝します。

 

 

>>お守りとしてアイピルを持つ<<

アイピルの副作用と飲み方と飲み合わせ

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

アイピルは薬なので、服用することで副作用が起こる可能性があります。

 

多く報告がある副作用としては、吐き気、嘔吐、頭痛、むくみ、胸の張り、めまい、倦怠感、下腹部の痛みなどがあります。

 

アイピルは服用することで体内の女性ホルモンのバランスを大きく変え、生理を引き起こして避妊を行うという作用があります。

 

アイピルを服用して女性ホルモンの数値が大きく変わることへの拒否反応として、これらの副作用が現れると言われています。

 

これらの副作用の中で一番多いのは吐き気や嘔吐なのですが、これを防ぐために病院で一緒に吐き気止めが処方されることがあります。

 

身体に十分にアイピルの成分が吸収されないまま嘔吐してしまうと、せっかくアイピルを服用しても効果が期待できなくなってしまうからです。

 

病院で処方されなかったとしても市販の酔い止めなどは一緒に服用しても問題がないと言われていますので、副作用対策に飲んでおいても良いでしょう。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

飲み合わせに関しては、ドラッグストアで売っている市販の風邪薬や痛み止め、吐き気止めなどは一緒に服用しても問題はありません。

 

目薬や座薬、張り薬などの外用薬も問題ないと言われています。注意が必要なのはペニシリン系の抗生物質、テトラサイクリン系の薬、喘息の薬です。

 

また、薬ではありませんがチェストベリーやセントジョーンズワートと言った女性ホルモンに影響を与える可能性があるサプリメントも注意が必要になります。

 

これらの薬やサプリメントはアイピルの効果が出にくくなってしまったり、逆に効果が強くなりすぎてきつい副作用を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

これらの薬やサプリメントを服用している人は、アイピルを処方してもらう前にきちんと医師に相談をするようにしましょう。

 

また、服用の際にはグレープフルーツジュースやグレープフルーツを一緒に食べないことも重要です。アイピルの効果が強くなってしまいます。

 

 

>>アイピルが1錠810円<<

アイピル服用後の生理について

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

アイピルを服用すると、早い人で2~3日、遅い人で3週間ほどで生理がきます。

 

消退出血とも呼ばれているもので、「消退出血が来た=今回は妊娠していない」、ということになりますので、安心してください。

 

しかしアイピルの妊娠を防ぐ効果は100%確実なものではありませんので、3週間たっても何もないという場合には、妊娠してしまっているため消退出血が起きていない可能性があります。

 

その時は早めに妊娠検査薬で検査を行ったり、病院で相談するようにしておきましょう。

 

アイピルを飲むと、普段の対イングよりも早めに生理が訪れる人がほとんどです。

 

体内の女性ホルモンのバランスを変えることで生理を引き起こして妊娠を防いでいるので、アイピルを飲む前とは生理の周期がずれてきます。

 

一度乱れてしまったホルモンのバランスを整えるには時間がかかってしま、元の周期に戻るまでには数か月かかってしまうとも言われています。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

服用したタイミングが排卵の前後だった場合には、1カ月に2回生理が来ることになります。

 

排卵後の服用の場合には通常の生理のタイミングで消退出血が起こることが多いと言われていますので、1か月に1回になります。

 

しかしアイピルを飲んでから3週間たっていないタイミングがいつもの生理のタイミングという場合、生理が遅れている=妊娠しているという可能性が高くなります。

 

アイピルを服用したら、通常のタイミングよりも大きく遅れるということはありませんので、妊娠検査薬を使用したり、病院に相談を行ってみましょう。

 

また、アイピルの服用で起こったのが消退出血なのか不正出血なのかわからないというケースもあるかもしれません。

 

ホルモンの乱れや「妊娠していたらどうしよう」という精神的なものが原因となり、不正出血が起こる可能性も否定できないからです。

 

そのような場合には病院に相談してみると良いでしょう。

このページの先頭へ