MENU

売れ筋のアイピル

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

病院で1万円以上するアイピルが

通販なら1錠810円で購入できる

アイピルの避妊効果を出す為の飲み方や方法

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

アイピルは飲むことで避妊に失敗した場合などでも、妊娠するのを防ぐことができる女性にとっては嬉しいものですが、その確率は100%ではないという点に注意が必要になってきます。

 

アイピルは服用することで体内の女性ホルモンのバランスを変えて受精卵が着床するのを防ぐため、「受精卵が着床してしまうまでに服用すること」が一番大切になります。

 

受精卵が着床してしまった時点で妊娠となりますので、着床してしまった後ではどれだけアイピルを飲んでも意味がありません。

 

基本的に、避妊に失敗してから72時間以内の服用で妊娠を防ぐことができると言われていますが、妊娠率は避妊に失敗してから12時間以内の服用で0.5%、24時間以内で1.5%、36時間以内で1.8%、48時間以内で2.6%、72時間以内だと4.1%と、時間がたつにつれて妊娠する確率が上がっていることがわかります。

 

72時間以内の服用で避妊ができると言われていますが、1分でも早く飲むことが妊娠を防ぐために重要になってくるのです。

 

また、排卵日前後の場合にはこれらの数字よりももっと妊娠してしまう確率が上昇するというデータもありますので、早くアイピルを服用することが大切です。

 

一刻も早くアイピルを服用するためには、アイピルの処方をしてくれる病院を探しておくことが大切です。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

病院に行くと、ほとんどの場合はその場で飲むことができます。場合によっては副作用が起こってしまうことがあり、嘔吐してしまう可能性もあります。

 

嘔吐してしまった時間によってはアイピルの成分が身体に吸収されていない可能性もありますので、その場合には処方してもらった病院に相談するようにしましょう。

 

また、一刻も早くアイピルを服用したいという場合には、病院が処方してくれる時間を待つのがもったいないので、海外から個人輸入するなどして持ち歩いておくと、避妊に失敗してすぐに飲むことができますので避妊の確率が上がります。

 

アイピルTOPへ

このページの先頭へ